タグ:宮内義彦 ( 3 ) タグの人気記事
オリックスが負けるととても嬉しい!!!!!
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u30B9%u30DD%u30FC%u30C4%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9

オリックスは宮内義彦オーナーのチーム改革指令に右往左往。今季、頻繁に球場に足を運び、8勝3敗と好成績を収めている。この勝率に気を良くしているのか、「ウチのチームはこんなに弱いワケがない」と現在、最下位にいることに不満をもらすわけだが、その指摘もしごくごもっともなだけに、現場やフロントは頭を抱えるばかりだ。
 今季の宮内オーナーの舌鋒(ぜっぽう)は鋭い。第1弾は、観客動員への糾弾だった。

 「本拠地開幕の京セラドームの観戦の際、まばらな観客(1万2055人)を見て、『これでも開幕ゲーム』か、と怒り心頭。球団首脳は大あわてでした」と球団関係者。

 不入りもさることながら、4月下旬から5月にかけて10連敗と、序盤で早くもAクラス争いから脱落したことも怒りに拍車をかけたようだ。

 「責任の大半は、日本野球になじめないコリンズ采配(さいはい)にあると評されていたが、オーナーの指弾は編成部へ向けられた。谷を巨人、早川をロッテへトレードしたのは失敗だと。このツルの一声で編成部門は改革を余儀なくされたが、シーズン中に行われるのは異例なことで…」

 オーナーの絶大な力を示す出来事だったが、一方でトレード入団した選手は相当に落ち込んだという。「早川との交換トレードで入団した辻なんて、活躍度が今イチのため、かなりめげていましたね。何といってもオーナーのひと言は重い」と先の関係者。

 この後も、コリンズ采配に関する指摘や、リハビリ中の清原や2冠を狙うローズの来季への契約を続行示唆など“独断専行”に球団関係者は困惑するばかりだ。

 「交渉事には手順というものが。コリンズ監督とは今年1年の反省を含めて話し合わないと。清原、ローズ両選手とは年俸などの諸問題をじっくり交渉しないと…」(前出関係者)

 しかし、オーナーとしては8年連続Bクラスの屈辱が濃厚な状況に“早く改革の手を打て”となるのだろう。オリックスは、すでにオフモードに入っている。(夕刊フジ編集委員・高塚広司)



これだけ積極的な宮内オーナーだから、電話機リース詐欺の架空リースも
「もっと契約者数を増やせ! IP電話がダメならホームページ詐欺の契約を増やせ!」
と檄を飛ばしているんだろうなぁ。

ちなみに電話機リース詐欺は、
「この辺りの回線交換を担当していますが、お客様の会社の回線を光回線に出来るか
テストさせて下さい」などと入り込んでは、数十回線もあるような多機能電話などを実態を偽り売りつけ、法外な価格のリースを組ませるもの。中には多重契約により被害額が1000万円に近い人もいる。
国民生活センターに寄せられた年間1万件近くの苦情を受け、平成17年12月に経済産業省が当該被害者である事業者に対して詐欺発覚から5年に遡りクーリングオフを認めるよう通達を出したが、オリックスに考慮した裁判所により骨抜きとなっていて、さらに電話リースの対策が進んできたことから、電話機以外にも、ウェブモール出店、SEO対策等を隠れ蓑に、商品実態のない架空のリースを組ませる商法が平然と横行している。
オリックスは「それらは販売会社のしたこと」とシラをきり厳しい執拗な債権回収を行う役目をすすんでしているが、実際契約のトリックなどリース会社の知識、承諾なしには成立し得ない仕組みの罠になっている。


ということで、
開幕戦の入場者数が少ないのはオリックスがスポンサーだからだよ!!
誰が、悪徳商法の球団に金なんか落とすか!

テレビで見て負けてるとスッキリするぜ。
それか、ユニフォームに「悪徳リースのオリックス」って書け。
それをオーナーに来て頂いて、打撃するゲームだったら
球場に行きたいぜ!


a0076485_17574647.jpg

[PR]
by weedspirits | 2007-09-07 17:57 | 詐欺との闘い
参考人招致流れる。

こんなブログを見つけました。




自民党と民主党は、宮内会長の参考人招致を行うことで28日に合意し、宮内会長の参考人招致は、7月7日に行うことで調整が進められていました。ところが、一夜明けたきのう(7月3日)になって、自民党は参考人招致を拒否すると通告。

「国対の方針」「違法性の確認されない段階で民間人を参考人招致することはできない」と自民党は通告してきた、ということです。



かばうなら、政権の命運をかけて、とことんかばってみるがいい。

政権、経済の中枢から一人一人の国民にいたるあらゆるレベルで仕掛けた悪質な罠で
巨額の不正な富を搾取した事実は覆い隠せる物ではない。
そして、さらにその利権にしがみついて、立法、司法、行政に不正な圧力をかけている事実。今、社会の正義が試される時だ。

そして、不正のはびこる社会をこのまま黙認して行くのか、政治家、マスコミやジャーナリストはその使命にかけて暴いてほしい。

テレビのニュース番組には今まで何度もメールを送っているがとても動きが鈍い。
娯楽化して堕落した報道番組には失望している。

世の中が正しくなっていけない理由でもあるのか。
洗い落とせない膿を出し切る為に、力を注ぎたい。

同様の被害に遭われている方、賛同される方、
どうか力を下さい。
お願い致します。

私の事件の判決は、7月18日東京地裁709号法廷。
13時15分 判決言い渡しです。

被控訴人はオリックス株式会社 宮内義彦。
世の中の正義が試される判決です。
どうかワールドカップなみにご注目ください。
[PR]
by weedspirits | 2006-07-07 07:07 | 政治
詐欺事件の経緯
このブログは交渉、裁判の進行に合わせて、基本的には時系列になっています。
一番過去の日記が一番昔の事を書いていますが、
めくってすべてを読むのは大変になると思いますので、事件の概略を書いておきます。
(株式会社フォーバルが詐欺実現のために施した工作や、オリックス株式会社の主張はその都度変わっていますのでそれらを追いかけて行くと複雑な文章になってしまうのでできるだけ簡単に書きます。)


株式会社フォーバルはオリックス株式会社とグルになって、
法律の保護の網の盲点にいる個人事業者や零細企業向けに詐欺商法を働いている。

「月々の経費が安くなる」とか、「今の電話は使えなくなるのでIP電話に替えなきゃダメだ。」「今、この地域で後数台だけ格安でのIP電話が加入出来る」などといっては
月々の経費の話だけにお客の気持ちを集中させながら、契約の対象物の本質(高額の電話機やその総額など)を隠蔽し、解約不可能なリースを組ませている。
これはコールトゥウェブやネクサスなど同様に電話勧誘をしている業者も同じ手口。

示し合わせて販売契約までこぎ着けたら
後は、詐欺販売の会社と、リース会社が分離したように装い
事件をたらい回しにして泣き寝入りを待つ。
それが常套手段。


そして、今回私が嵌ったのはもっと酷い話。

つまり、インターネットのウェブモール「インフォマート」(月極)「ビッダーズ」(月極)に加盟しませんかと勧誘して、その加盟契約の際に関係書類のように偽装して、月極の契約とすり替えて189万円もの対価や実体のない解約不能な5年リース契約を結ばせられたものである。

しかも、その名称は「かんたんWEBカンリシステム」となっている。
名前以外は何もない状態を「商品」といっている。
裸の王様の洋服のようなのだ。


その後の裁判でもオリックスが自身でも物件がないと認識しているものを
「確かに引き渡した」とか「電話して動作の確認をした」などと主張し、
あげくの果てには「商品のあるなしには興味が無い。」
「商品がないのにオリックスが立替払いをするに至ったのは被害者の責任。」
「契約はフィナンシャルリースとして有効。」などと
金にまかせ大勢の弁護士を動員して嘘八百並べ倒しているものだ。

オリックスは販売会社を監督する立場に無いというが、実は最近の村上ファンドにも
設立から資金運用に至るまで面倒見ているように、フォーバルの株も24万株保有していて、実は興味ないどころか、コントロールの疑惑すらあり得る。

すぐに悪事が発覚しないよう、月極のウェブモール出店費の一部を1年間請求しないようにしたり、請求対象と請求書名が全く別になっていたり、全容を混乱させる偽装も細かく施されている。オリックスがこのような詐欺商品につき認識しながら与信を与える事によって
月極の解約可能な費用と、解約不可能なリース契約の月額を同額に近くしてすり替えを
可能にしている。

過去から、例えば粉飾したアイペックなどがレーザーディスクの英会話教材などを高額のリースで販売していたことや、近年の低価格の印刷絵画を高額な絵と偽ってローン契約させている事件。安い宝石を高額な宝石と偽ってローン契約させている事件。
すべて信販、リース、クレジット会社が加担している悪事であるのに、国が動かない。


事件としては、
ウェブモールの月極出店費用の契約に偽装を施して全く関係のない巨額のリース契約を結ばせる目的で株式会社フォーバルとオリックス株式会社が仕掛けた詐欺事件という単純な構図なのである。

しかし、もともとパソコンやインターネットなど新しい事に疎い裁判所は、これら悪徳弁護士の詭弁にまんまと騙され、しかも、著名会社に弱い点もあり、私の闘いは大変ねちっこい困難な闘いとなってしまっている。


ちょっと気持ちが入ってしまい、また長文になってしまったが、お判り頂けましたでしょうか?

この困難な闘い。ぜひとも興味を持って注視し、私を応援してください。
[PR]
by weedspirits | 2006-06-08 21:21 | 裁判の記録