タグ:オリックス低迷 ( 1 ) タグの人気記事
オリックスが負けるととても嬉しい!!!!!
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u30B9%u30DD%u30FC%u30C4%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9

オリックスは宮内義彦オーナーのチーム改革指令に右往左往。今季、頻繁に球場に足を運び、8勝3敗と好成績を収めている。この勝率に気を良くしているのか、「ウチのチームはこんなに弱いワケがない」と現在、最下位にいることに不満をもらすわけだが、その指摘もしごくごもっともなだけに、現場やフロントは頭を抱えるばかりだ。
 今季の宮内オーナーの舌鋒(ぜっぽう)は鋭い。第1弾は、観客動員への糾弾だった。

 「本拠地開幕の京セラドームの観戦の際、まばらな観客(1万2055人)を見て、『これでも開幕ゲーム』か、と怒り心頭。球団首脳は大あわてでした」と球団関係者。

 不入りもさることながら、4月下旬から5月にかけて10連敗と、序盤で早くもAクラス争いから脱落したことも怒りに拍車をかけたようだ。

 「責任の大半は、日本野球になじめないコリンズ采配(さいはい)にあると評されていたが、オーナーの指弾は編成部へ向けられた。谷を巨人、早川をロッテへトレードしたのは失敗だと。このツルの一声で編成部門は改革を余儀なくされたが、シーズン中に行われるのは異例なことで…」

 オーナーの絶大な力を示す出来事だったが、一方でトレード入団した選手は相当に落ち込んだという。「早川との交換トレードで入団した辻なんて、活躍度が今イチのため、かなりめげていましたね。何といってもオーナーのひと言は重い」と先の関係者。

 この後も、コリンズ采配に関する指摘や、リハビリ中の清原や2冠を狙うローズの来季への契約を続行示唆など“独断専行”に球団関係者は困惑するばかりだ。

 「交渉事には手順というものが。コリンズ監督とは今年1年の反省を含めて話し合わないと。清原、ローズ両選手とは年俸などの諸問題をじっくり交渉しないと…」(前出関係者)

 しかし、オーナーとしては8年連続Bクラスの屈辱が濃厚な状況に“早く改革の手を打て”となるのだろう。オリックスは、すでにオフモードに入っている。(夕刊フジ編集委員・高塚広司)



これだけ積極的な宮内オーナーだから、電話機リース詐欺の架空リースも
「もっと契約者数を増やせ! IP電話がダメならホームページ詐欺の契約を増やせ!」
と檄を飛ばしているんだろうなぁ。

ちなみに電話機リース詐欺は、
「この辺りの回線交換を担当していますが、お客様の会社の回線を光回線に出来るか
テストさせて下さい」などと入り込んでは、数十回線もあるような多機能電話などを実態を偽り売りつけ、法外な価格のリースを組ませるもの。中には多重契約により被害額が1000万円に近い人もいる。
国民生活センターに寄せられた年間1万件近くの苦情を受け、平成17年12月に経済産業省が当該被害者である事業者に対して詐欺発覚から5年に遡りクーリングオフを認めるよう通達を出したが、オリックスに考慮した裁判所により骨抜きとなっていて、さらに電話リースの対策が進んできたことから、電話機以外にも、ウェブモール出店、SEO対策等を隠れ蓑に、商品実態のない架空のリースを組ませる商法が平然と横行している。
オリックスは「それらは販売会社のしたこと」とシラをきり厳しい執拗な債権回収を行う役目をすすんでしているが、実際契約のトリックなどリース会社の知識、承諾なしには成立し得ない仕組みの罠になっている。


ということで、
開幕戦の入場者数が少ないのはオリックスがスポンサーだからだよ!!
誰が、悪徳商法の球団に金なんか落とすか!

テレビで見て負けてるとスッキリするぜ。
それか、ユニフォームに「悪徳リースのオリックス」って書け。
それをオーナーに来て頂いて、打撃するゲームだったら
球場に行きたいぜ!


a0076485_17574647.jpg

[PR]
by weedspirits | 2007-09-07 17:57 | 詐欺との闘い