カテゴリ:詐欺との闘い( 8 )
オリックスが負けるととても嬉しい!!!!!
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u30B9%u30DD%u30FC%u30C4%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9

オリックスは宮内義彦オーナーのチーム改革指令に右往左往。今季、頻繁に球場に足を運び、8勝3敗と好成績を収めている。この勝率に気を良くしているのか、「ウチのチームはこんなに弱いワケがない」と現在、最下位にいることに不満をもらすわけだが、その指摘もしごくごもっともなだけに、現場やフロントは頭を抱えるばかりだ。
 今季の宮内オーナーの舌鋒(ぜっぽう)は鋭い。第1弾は、観客動員への糾弾だった。

 「本拠地開幕の京セラドームの観戦の際、まばらな観客(1万2055人)を見て、『これでも開幕ゲーム』か、と怒り心頭。球団首脳は大あわてでした」と球団関係者。

 不入りもさることながら、4月下旬から5月にかけて10連敗と、序盤で早くもAクラス争いから脱落したことも怒りに拍車をかけたようだ。

 「責任の大半は、日本野球になじめないコリンズ采配(さいはい)にあると評されていたが、オーナーの指弾は編成部へ向けられた。谷を巨人、早川をロッテへトレードしたのは失敗だと。このツルの一声で編成部門は改革を余儀なくされたが、シーズン中に行われるのは異例なことで…」

 オーナーの絶大な力を示す出来事だったが、一方でトレード入団した選手は相当に落ち込んだという。「早川との交換トレードで入団した辻なんて、活躍度が今イチのため、かなりめげていましたね。何といってもオーナーのひと言は重い」と先の関係者。

 この後も、コリンズ采配に関する指摘や、リハビリ中の清原や2冠を狙うローズの来季への契約を続行示唆など“独断専行”に球団関係者は困惑するばかりだ。

 「交渉事には手順というものが。コリンズ監督とは今年1年の反省を含めて話し合わないと。清原、ローズ両選手とは年俸などの諸問題をじっくり交渉しないと…」(前出関係者)

 しかし、オーナーとしては8年連続Bクラスの屈辱が濃厚な状況に“早く改革の手を打て”となるのだろう。オリックスは、すでにオフモードに入っている。(夕刊フジ編集委員・高塚広司)



これだけ積極的な宮内オーナーだから、電話機リース詐欺の架空リースも
「もっと契約者数を増やせ! IP電話がダメならホームページ詐欺の契約を増やせ!」
と檄を飛ばしているんだろうなぁ。

ちなみに電話機リース詐欺は、
「この辺りの回線交換を担当していますが、お客様の会社の回線を光回線に出来るか
テストさせて下さい」などと入り込んでは、数十回線もあるような多機能電話などを実態を偽り売りつけ、法外な価格のリースを組ませるもの。中には多重契約により被害額が1000万円に近い人もいる。
国民生活センターに寄せられた年間1万件近くの苦情を受け、平成17年12月に経済産業省が当該被害者である事業者に対して詐欺発覚から5年に遡りクーリングオフを認めるよう通達を出したが、オリックスに考慮した裁判所により骨抜きとなっていて、さらに電話リースの対策が進んできたことから、電話機以外にも、ウェブモール出店、SEO対策等を隠れ蓑に、商品実態のない架空のリースを組ませる商法が平然と横行している。
オリックスは「それらは販売会社のしたこと」とシラをきり厳しい執拗な債権回収を行う役目をすすんでしているが、実際契約のトリックなどリース会社の知識、承諾なしには成立し得ない仕組みの罠になっている。


ということで、
開幕戦の入場者数が少ないのはオリックスがスポンサーだからだよ!!
誰が、悪徳商法の球団に金なんか落とすか!

テレビで見て負けてるとスッキリするぜ。
それか、ユニフォームに「悪徳リースのオリックス」って書け。
それをオーナーに来て頂いて、打撃するゲームだったら
球場に行きたいぜ!


a0076485_17574647.jpg

[PR]
by weedspirits | 2007-09-07 17:57 | 詐欺との闘い
オリックス引き揚げていきました。
小さい花屋とか看板屋、印刷屋などを狙って光回線のキャンペーン、ホームページアクセス対策、ウェブモール加盟、IP電話取付など様々な商品を装い巧妙に実体のない巨額の架空リースを組ませるオリックスをはじめとするリース会社とフォーバルなど子分の悪徳リース商法。

年間1万人近い被害の相談が国民生活センターに寄せられ平成17年12月に経済産業省が「契約者が事業者であっても詐欺に気付いた時点から5年遡り解約するよう」に通達を出したのだが小泉首相時代に経済財政諮問会議議長となったオリックス宮内義彦の意向を汲んだ最高裁判事により通達はほとんど適用されることもなく、まともに裁判すらしてもらえなかった。

ようやく立ち上がった各都道府県の被害者救済の弁護団も実際には着手金目当てのハイエナ弁護士ばかり。
ある日、新聞に載っていた被害者救済の電話窓口に情報提供していたときも、依頼しないとわかるととたんにトーンダウン。本当に救済しようとしていたら有効な情報はたくさん集めたいはずではないのか。

そんな現実を察知して弁護士に頼らずに最高裁まで戦いました。
実際には最高裁判事らがまともに審議もせずにこちらの特別上告を棄却。
それもそのはず真実を語る証拠が多すぎて審議したら政権に近いオリックスに不利な判決をしなければならない。よって理由も述べずに棄却であった。

先に同じ目にあった大阪の花屋さんによれば預金などの差押をし盗れるだけ盗りオリックスが執行取り下げをする予定とのことだったが、
そのとおりになりました。

恥を知れ!法曹界!!

裁判上でこちらの勝利という決着をつけることは出来ないことは
この法曹界の腐りぐあいをみれば明らかでしたが、
唯一被害者が生き残る道。

それは法の専門家に頼まないで自分を信じて闘うこと。

理由をいうと、
法曹界に身を置く者は、「法の支配を逸脱しろ!」という助言を行えない立場の人間である。
しかし、実際には法の成立や適用はかなり不平等に扱われるような悪事がまかり通っている。それをくつがえし正義を守る為には法を曲げて適用する者を排除する(コロス)か、きれいな決着じゃないところで相手の思うままにさせない。ということになる。
無力な者が立ち向かうと究極的には「法の支配を逸脱すること」(ムシスル)に追い込まれるけれど、そこで粘れば勝てるということです。

報道等表に出る部分では裁判所も加担して法も何もあったもんじゃないけどオリックスの勝ちにしてある。だからまだまだこれからも良い会社のフリして悪事で稼げる!
政治家はひどいことに対して対策をとったような顔が出来た!(献金ももらえた)
救済の名目でたくさんの弁護士が儲かった!

結果的にはそれでも僕は破滅することなく闘いを終えた。
巨悪に立ち向かう人が居たら、無料で教えられますよ。
勇気と責任は自分持ちでお願いします。


最後にご支援くださった皆様、ありがとうございました。
これからは未解決の方々の為に情報提供して行きます。

どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by weedspirits | 2007-08-24 18:11 | 詐欺との闘い
NTさん口頭弁論
明日5月16日13時30分より東京簡易裁判所第408号法廷で悪質電話機リース事件につきNTさんの口頭弁論があります。
なんでも前回から判事が代わったようで今後に興味があります。
悪質電話機販売会社のネクサスを訴訟告知で呼び出しているみたいですが出廷するかな?
NTさん頑張れ!僕も傍聴に行きます。
[PR]
by weedspirits | 2007-05-15 22:54 | 詐欺との闘い
全国集会!!
悪質電話機リース被害者を守る会 
全国集会を下記の日程で開催されます。都合のつく方は是非ご参加ください。

 日時:2006年9月30日(土)
    午後6:00 受付
    午後6:30 開始
 場所:西宮市民会館 4F 会議室

当日は私(叫び草)も東京から駆けつけます。
東京での被害状況を発表させていただく予定です。

読売新聞にオリックスの外国人持ち株比率6割超えるとの報道がありました。

記事



日本人をこんなに苦しめる外国人利益追求企業(売国奴企業)オリックスを不公平な
司法判断までして助ける日本の司法はもはや地に墜ちていますな。

悪徳に加担する裁判官を辞めさせろ!
[PR]
by weedspirits | 2006-09-27 01:47 | 詐欺との闘い
巨悪企業・悪徳政治家JV
■2006/09

以下佐藤立志さんの「マスコミさるさる日記」より転載

●宮内がやっていた顧問先
 とうとう宮内義彦が規制改革何とか会議の議長を辞任することになった。彼のことを調べたら、パパブッシュ大統領と一緒に来日したグリーンバーグが、実は日米構造改革を牛耳った中心人物であったのだ。
 このグリーンバーグはアリコジャパンの親会社AIGの会長(CEO)だった人物であり、宮内はこのAIGと深くかかわつていたのだ。
 おもしろいのは安倍を応援する安晋会の会長が日本のAIG社の社長であり、代表のゴールネットという会社の取引先にしっかりオリックスが出てくるし、オリックスはAIGと合弁の会社を作っているのだ。
 詳しいことは割愛するが、小泉の構造改革はAIGを始めてする米国ハゲタカの食い物にされていたのであって、米国の意向を受けて旗を振っていたのが宮内ということだ。
 マッチポンプの役割をやっていたと言われても反論できないのでは。
 何といっても一番の国賊的政治家は、小泉。宮沢も森も米国の要求に抵抗していたが、小泉は簡単に不良債権を税金でどんどん処理すると公言して、訪米時にハゲタカ連中を狂喜させた。
 詳細は今書いてるので、これ読んだら日債銀、郵政が米国に日本の資産を売り渡した小泉改革の正体がみえてくる。
 宮内さん、サーベラスもよくご存知ですよねw



以上ジャーナリスト佐藤立志さんの

「マスコミさるさる日記」

より転載。

佐藤さん早く詳細書いて、僕たちから搾り取る巨悪の正体を暴露してくださいな。
[PR]
by weedspirits | 2006-09-25 17:14 | 詐欺との闘い
上告理由書の提出期限迫る。
ご無沙汰致しました。
ご心配くださった皆様まだつぶされてはいません。
少し、時間があったので仕事とか他の事やっていました。

上告理由書の提出期限は22日。
いま、それを書く為に判決文を改めて読み返してみたのですが
正直に言えば、生きる気力も失いますね。
ヤケになってしまいそうです。
(心配はいりません。ただ、そのぐらい酷い裁判であるということです。)
だから、ここに心情を吐露しつつまた、頑張ろうかなと、

先日、西宮の電話機リース被害者の会の会長さんと東京で会う機会があり情報交換しました。

電話機リース被害者の会



(電話機リース全国で数十万人の被害者の方がいるようで1件当たりの被害額も2〜3百万円。多い方で800万円の方もいるようです。最近ではテレビなどでも取り上げられ始め弁護団も出来つつあります。)
彼の指摘によれば、現在の法曹関係者の多くは債権法は東京大学の我妻栄の40年も前の通説を引きずっていて、その結果リースなど新しい商取引の形の、特に企業に悪意があった場合について罰則や規定を設けるに至っていない、要するに不備がある事をオリックスの宮内は自身の著書で記述している。

a0076485_1353979.jpg

a0076485_13533110.jpg

この法の不備を悪意を持ってつくことによってボロ儲けをしているわけだ。そして小泉の加護も得た。悪で稼いでも金は力か。



以下抜粋

現在のリース会社の約款はリース会社側で一方的に決めて作成してはいるものの、(中略)強行法や公序良俗に反するような内容は含まれていません。したがって、過去にリース契約の約款について幾多の訴訟例がありますが、個別の特殊な事情のないかぎり、それら約款はすげて有効であると認められています。

抜粋終わり


つまり、リースの約款は取り決めがないのでリース会社側で勝手に決めているが悪い事はしてないことになっているので訴訟になっても負けた事はないよ!ざまーみろ!馬鹿国民め!観念して黙って餌食になれ・・・・・・・ということです。

そしてまんまと裁判所がこの悪事を追認している。私の控訴審では検証するに足りる十分な証拠と準備書面を用意したのに、口頭弁論を宣誓書を書かせるなど形式だけ開いて、数分で閉廷。真実を闇に葬ろうとしているのが現実。

改めて判決文を読むと頼りにしていた司法の悪意、悪徳業者との癒着ぶりに冷静さを失ってしまいそうなことも、心情をご理解頂けるのではないだろうか。

さて、気持ちも少し落ち着き気力も湧いて来たので頑張って文章を仕上げるとしましょうか。
(ちゃんと読まれない可能性の高い文章を・・・あーまたヤケになりそう)
[PR]
by weedspirits | 2006-09-18 14:19 | 詐欺との闘い
上告状提出しました。
本日東京地裁の事件係に上告状を提出しました。

訴額129万円余なので貼用印紙代は24,000円。切手は5,690円。
これだけ負担して、いい加減な審議をしている裁判所こそ詐欺もいいところだなぁ!

上告の理由は、「きちんと証拠を準備して提出したのに、答弁書通り弁論がなされたとと看做すとして、数分で閉廷した上、判決理由の中には明らかに証拠の現す事実と反する部分が多く含まれているため」と書きました。

こんな風に杜撰な裁判が繰り返されるようでは、裁判所が開設されている意味すらないですね。




北海道でも闘っている方がいらっしゃいました。



こちらでは、フォーバル、オリックスに電話機を回収させたとのこと。





みんなで頑張りましょう!!!
[PR]
by weedspirits | 2006-07-31 18:03 | 詐欺との闘い
スーパーJチャンネル
昨日の夕方、テレビ朝日のニュース

「スーパーJチャンネル」


で悪質電話機リース事件について報道しておりました。

昨日の放送のケース。
事実関係はほぼその通りだとおもいますが
フォーバルは相手が、電話機リースに引っかからないとわかると
ホームページや別の商品など、何が何でもリースの契約に持って行きます。
また、解約に応じると見せかけて、さらに巧妙により、期間の長い高額のリースを
組ませる提案をしてくる事もあります。

セールスマンを問いつめたら
「要は、月数万円のお金の道が造れれば、商品は電話だろうがホームページだろうが何でもいい訳です。」
と、言っていました。
また、これら詐欺事件の首謀者はリース会社です。
実際、リース会社でなければ準備出来ない契約書面上の罠があります。
その事をフォーバルのセールスマンも
「契約の種類についてはオリックスしか分からない」
と、言っています。

「みなさん気をつけましょう!」という結びでしたが、実際に体験してみると
そのような自己責任で回避出来るものではありません。


これは、被害を訴えてもまじめに取り合わない警察や、大手企業に媚びる司法の問題なのです。
また、オリックスと利益を貪る政権中枢。ここまでの仕組みを報道しなければ、意味がありません。

具体的に細かな証拠を挙げても、弁論を数分で打ち切り、弁護士名を連記したオリックスを無審議で勝たせる。
このような司法に国民の正義は護れません。

テレビ報道の場合、時間の制限や、分かりやすさを求める構成にする為、
シンプルな構図を追求していますが、もっと視聴者は理解力があるのではないかと
思います。

報道された事は、評価に値しますが、
今後の更なる掘り下げを期待しております。

テレビ朝日「スーパーJチャンネル」さん。
頑張ってください!!


◆電話リース被害者を守る会
TEL : 0798-75-6227 (受付)

#内容に関するご意見は お手紙かFAXでお寄せ下さい。

〒106−8001 東京都港区六本木6-9-1
テレビ朝日 スーパーJチャンネル火曜班
「密着!!そうだったのか」係

FAX:03−3405−3424
E-mail: super-j@tv-asahi.co.jp
「密着!!そうだったのか」係
------------------------------------------------------------------------


                       
[PR]
by weedspirits | 2006-07-29 08:32 | 詐欺との闘い