カテゴリ:出来事( 6 )
かんぽの宿
a0076485_21594292.jpg

[PR]
by weedspirits | 2009-01-24 21:57 | 出来事
上告判決速報
皆さま、気にかけて頂き恐縮です。

>判決はどうなりましたか

残念ですが上告棄却です。それも目も合わせず蚊の鳴くような声でそのまま上告人席の私に注意を向けることもなく他の判決文を読み上げてましたので呆れ果て傍聴してくれた二人と退廷しました。

出廷者があることのが珍しいらしく、数名傍聴人がいるだけで法廷関係者の頬あたりには緊張の紅がさしていました。上告人席に座って待つ間は応対も丁寧には思えてちょっとは期待もよぎったのですが、、、
三人の裁判官のこわばった顔から察するに本人達が法曹人のプライドを賭けた判決ではなく圧力を感じました。

僕は今後、知人の有識者に相談したり、同様の被害者と連携しながら司法の腐敗も暴いて行きます。
     
他の二人の被害者の方々も言ってましたが、今までは僅かでも司法に期待していた。
それが幻と分かった今、これからがホントの闘いかもしれません。

まだまだ頑張ります。

今日、はんこ持っていかなくて判決文を受け取って来なかったので、上告棄却理由などの詳細は郵送を待って掲載致します。

皆さま、応援ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by weedspirits | 2006-12-20 19:10 | 出来事
自力訴訟の可能性
訴訟に際して、最初は弁護士さんに相談していたのだが・・・
人により主張は様々、簡潔にという人も入れば、
ストーリー仕立てに順を追ってという人もいて戸惑う。
webに強い人もいれば、まったくダメな人もいる。

とくに、詐欺事件の場合、複雑に錯誤させる仕組みとなっているので、理解してもらうまでが一苦労してしまう。
自分の場合、今までに8人ほどの弁護士に事件の詳細を説明する過程で、人に事実関係を説明することに馴れて来た。

弁護士も裁判官も人。ならば、弁護士に説明する技術があれば、裁判官にも通用するのではと思い、自力訴訟をするに至った。

裁判官や監督官庁が接待悪徳会社や消費者金融の接待を受けている例も聞く。実際に裁判はいい加減そのもの。密室であるのをいいことにやりたい放題。
であれば、そうとう正義感が強く、知識技術を併せ持った弁護士のみ依頼するに値するのではないかと考えるのは至極当然である。

実際、オリックス位のデカイ会社の雇っている弁護士でも、論戦をまともに闘わせていない。捏造した証拠を元に権威とか他の要素を使って脅しているのに過ぎない。

自分はそんなことも見抜けない腰の引けたプライドなき法律家ども、つまり、子供でも分かるような矛盾した事実を突きつけられても、目を開こうとせず隠蔽して給料をとっている(しかも税金から)奴らの逃げ道を塞いですべき判断を迫るつもりだ。

そんな折、新聞で、灰色金利に対する自力訴訟で過払い金の返還訴訟を勝ち取った女性の記事は、不安ながらも歩いて来た道が正しいことを教えてくれた。

みなさん、頑張って行きましょうよ。

弁護士さんもうかうかしてられませんよ!
着手金目当ての人なんかは人間の恥です。

a0076485_20474225.jpg

[PR]
by weedspirits | 2006-11-01 20:49 | 出来事
メディアサポート社の業務停止処分の記事。
昨日、朝日新聞に悪質電話機リースの会社に業務停止処分との記事がありました。

昨日の朝日新聞の記事



こういう事が次々に発覚して来ている時期に、「お咎めなし」のいい加減な判断を下した東京地裁民事第12部綿引穣、渡辺真理、岡本陽平裁判官らがこの記事を見てどう思ったか聞いてみたいところですが、何しろ、弁論すら行わせない密室の判断ですから、何を考えているのか私には全く知る由もありません。

同じく、悪徳リース、電話機・ホームページ詐欺会社の弁護をしている小池・高城総合法律事務所も何が楽しくて世の悪に加担しているのか、私には検討もつきません。

記事では、メディアサポートという詐欺会社に業務停止を命じると報じていますが、さる方からの情報によれば、この会社はすでに先月倒産していて業務はしていないようです。
倒産会社に業務停止。。。こんな無意味な処分をして処分がされたように見せかけている。私はこんな風に思ってしまいます。

メディアサポート。確かにフォーバルと同じような勧誘や商法を行っている会社です。
あくまでも、首謀はリース会社。そして元締めはオリックスなのですから、経済産業省はそこを真っ先に処分すべきです。

朝日新聞ももっとつっこんで記事にしてほしいものです。
[PR]
by weedspirits | 2006-07-26 21:27 | 出来事
心の正義を信じたい。
貧を済(すく)ふには財を以てし
愚を導くには法を以てす


性霊集巻二より恵果和尚の碑文より。

仕事で京都に行った折、東寺に行ってみました。生憎の雨模様。

御影堂に上がり手を合わせるとすぐに左手に蚊がとまりました。すぐに叩くのも気が引けて見ていると容赦なく血を吸い真っ赤な腹を膨らませて飛んでいきました。長い間吸わせていたのでかなり腫れあがるのを覚悟していたのだが、不思議なことにまったく腫れませんでした。晴れ上がったのは空の方。

そんな私に響いたことばが冒頭の文です。

財を持つものは財を以て、法を説くものは法を以て、何も持たぬ私たちは元気に働く手足と日焼けした笑顔で日々を暮らせばいいのです。人は持てる力だけ生きればいいのです。と東寺長者は解説します。

しかし現代社会の財持つ者どもの浅ましさよ、法を司る者どもの愚かさよ。だから私たちは日々を普通に暮らすことすら奪われたまま。

心の正義を信じたい。
まともな社会にするためには泣き寝入りはしてはいけません。

クマさん、ITOさんにいつも励まされます。感謝しております。ありがとうございます。
[PR]
by weedspirits | 2006-07-14 02:42 | 出来事
日銀福井総裁の悪事と巨悪オリックスのつながり。

佐藤立志さんのマスコミ日記


違法ファンドに金出していた福井総裁の記載がある。
週刊現代の記事かららしい。

福井総裁は2001年3月12日に株式に投資してキャピタルゲイン(値上がり益)を得ることを目的とした第1回アクティビスト投資事業組合第36号組合と契約したのだが、
実はそれに先立つ99年10月に1000万円の出資金を業務執行役員である「オリックス株式会社代表取締役・宮内義彦(この方が私の訴訟相手です。)」に振り込んだ。
MAC(村上)の一任勘定の許可は、2001年の3月だった。
村上ファンドは、出資当時まだ投資顧問業の登録をしていない。
つまり闇金状態の村上ファンドに投資していたのだという。
さらに福井自身が何と村上ファンドを真似て投資事業組合を作って
いた。「福井は個人ではなく、富士通総研の仲間と3人で投資事
業組合を作り、その組合が本体の組合に出資していたのである」とのこと。

Excite エキサイト : 経済ニュース

a0076485_19111864.jpg
a0076485_19124169.jpg

a0076485_19792.jpg
 
朝日新聞の世論調査では7割の人が福井総裁は辞職すべきと答えているそうだ。
17%も辞めなくて良いと答えている人がいる事にも驚きますね。 

Excite エキサイト : 政治ニュース

「オリックス 巨悪」で検索したら

山岡俊介さんの記事

にヒットしました。

去年の記事ですが、オリックスの本質が語られていると思います。
検察にはもっと早く動いてもらいたいですね。


本日小泉純一郎が政府専用機でアメリカ、カナダに出かけました。
「小泉外交の締めくくり」とラジオやテレビには原稿が廻っているようです。
(どこもこの表現を使います。)
こういうことに気づいてしまうとつらいですね。

Excite エキサイト : 経済ニュース








[PR]
by weedspirits | 2006-06-27 19:07 | 出来事